2017/10/19

ブーベ・3Y0Zの情報はトルコのページ見るのが吉

やっとでコンテナのパックが完了、とかいうのですが、


中はこんなガチャガチャでいいんすかね?

それはともあれブーベのWebサイト、文字が重なって読めない日本語版は問題外の外ですが、いつものアメリカンセンス、

文字はキチガイ色だしレイアウトはなってないし、メニューはプルダウンでぜんぜん解らないし、アタマ悪いんですか?って言いたくもなりますが、ここでなぜか、


トルコ国旗が、、、。


July 26, 2017: We are happy to have the support of the DX’ers of Turkey. They have published a very nice website about Bouvet and our DXpedition. Click the image at the left to visit the site. Our thanks to the hams of Turkey.
See you in our log!

っていうことですので、では拝見!



Radyo Amatörü TELSiZCiLER için bir site ・・・TA8A


これは上手くダイジェストされたブログWiki形式サイトだ。これを見れば動きが一目瞭然です。これ書いてるTA5FAってかしこいのでしょうなあ。

ブーベの情報は、わけわからん本家を見るよりも、こっちを見るのが吉ですよ奥さん!

日刊 BFニュース ページトップへ↑

2017/10/18

オーストラリア無線連盟がアマチュア無線改革における、4文字サフィックス局のゆくえについて

Reinvention of Amateur Radio・・・サウスゲーツアマチュアレジオニューズ

ですか。

Reg.1での会議を受けてのReg.3での方針、っていうわけですが、この文章、

In Australia, we introduced the Limited licence – fondly dubbed the Z-call, after the first callsign suffix block issued – then the Novice, and later, the Foundation licence. These responded to the need for reinvention in their eras.

これ、ファウンデーションライセンスって、いはゆる、10年前ほどの、Fから始まる4文字サフィックスゲーム、「誰がF?CK」を割り当てられるで賞?!」、っていうのかしら、

というので、ではQRZ.comでVK?F???のワイルドカードで見てみます。



1447マッチと出ました。残念ながらネタサフィックスは無しです。ふつうに発給なしでしょう。

3文字サヒクスにアドバンス上級しているエイリアスのひとも散見されますが、Fの4文字コール局、最初はHFでも交信したことありますけど、いまは見かけないねえ、

っていうんで、やはり長続きは難しいようです。

OCDXコンテストの急激な衰退に見られるように、VK、ZLはもう誰もいない海状態、ここからの上向きは相当に難しいと思われます。

両国とも、人口ピラミッドはJAよりもマシなんですが、これも移民が押し上げてるのかなあ。白豪主義の弊害かも。

なを、ご存命なら106才?かのVK2XT、BillおじさんはSKSKがズラー並ぶ中で、栄誉あるライフメンバーになっておられ、ご存命でした。

日刊 BFニュース ページトップへ↑

2017/10/17

10月18日はアラスカデイですよ!!

しかも今年は栄えある150周年記念。

ALASKA DAY FESTIVAL - Sitka, Alaska




これに対して、むやみにイベントステーション好きなアメリカさん、1x1スペシアルコールを探ってみても、


2014年以降、アラスカ関連の1x1は出てないですが、それ以前にもアラスカデイ記念は無し。またARRLセクション倶楽部のKL7USA等を見ても動き無し。

これはロッシャンへの政治的配慮なのか、単にアラスカのアクティビティが低調なだけなのか?

そのあたりの歴史政治経済的事情はこちらJAからではわかりようもない、不明です。

日刊 BFニュース ページトップへ↑

2017/10/16

アンドロイドOSにSDRがひっついた、ナイスBCLラジオ、

このところBCLラジオの物色まくって居ますが、こんなイロモノが。。

PantronX Says Titus II Is Ready for Production・・・Radio World

ではその開発元のサイトに行ってみます。



こりゃまたチャレンジングな逸品。

いろいろ調べて見ると、相当な難産だったらしく、やっとでプリオーダーに漕ぎ着けた模様です。

SDR部はRTLの安もんなんでしょうけど、アンドロイド端末と併せて100ドルっていうのは破格なので、PantronX, Inc ってどこなのかしら?っていうとパナマでした。

これはバックレられてもプリオーダに突っ込むべきナイス逸品です。

日刊 BFニュース ページトップへ↑

2017/10/15

SPEに対抗!、OMパワーから10kWパワーコンバイナが出ましたよ!!


これまではSPE-2KFAを2台コンバインして5kWっていうのがありましたが、


OM10C・・・OM Power

われわれパワー・アディクトの心の友、OMパワーさん、ついに出ましたか。


フルスケール10kWの目盛り、とても良いですね。

これは、






OM4000をふたつ繋いで使うんでしょう。インプットがMコネなのが若干きになりますが、HFの5kW程度では気にしないと。

それより気になるお値段はTBDとなっていますがSPEのコンバイナと同じくらい、50万円くらいかしら?

とすると、OM4000x約2ヶ=200万と併せて、たったの250万円で10kWステーションの完成です。

これはみなさんがお持ちの、名古屋の嫁入り道具のタンスよりもでかい、50年も前のボロボロのコリンズ208U-10の買い換え時です。KL-1程度のQRPではやってられないでしょうが。

アマチュア無線アートに於いて、ちからは、イコール=美です。

免許、および混信妨害を与えない限りにおいて、パワーはできるだけ出さないと相手が迷惑ですから、ぜひ3点セットでお買い求めになつて、ブーベを一撃のもとに撃沈していただけたらと思います。

↑ブログトップページへ

SDRの時代は終わり、これからはふつうのBCLラジオだ!!

IC-7610やIC-R8600等、いま、SDR、もしくはSDTRXっていうのが最新鋭とされ話題をさらつて居ますが、BCLやアマチュア無線的にはそうなんでしょうけど、わたし的には、すでにその時代は終わりです。

私自身はパーシヤスとかQS1Rとかやってない、遅れた世代、せいぜい5年ほどのSDR経験者ですが、すでに次のステージに突入しています。

こういうのなんですけど、




The C. Crane Skywave SSB: A sneak peek!・・・SWLイング・ポスト

SSBが聞けるっていうのがナイスなんですが、デンキ喰うよなデバイス使ってない、ディスプレイも簡素で壊れない、できればアナログチューンが良いんだが、、、

電池駆動のポータブル、これがこれからのナイストレンドだと思います。

競馬、株、そして非常放送。ヒコーキ無線は要りません。

気になるお値段はソニーのよりは安いんですけど170ドルとか、やっぱ旧来の部品使ってると高けーなこりゃ。

かといって弐千円ほどの中華もんは、すぐに物故割れるんで、いま、色々と物色していますが、中々良いブツは無いねえ。

日刊 BFニュース ページトップへ↑

2017/10/14

なぜYoutubeのコンテスト映像には、ヘボオペしか出てこないのか?について

折しもWWPh直前のこととて、では不肖わたくしも参戦(ウソですが)、他のひとたちはどういうフォーンオペをしているのかしら?

と、Youtubeで参考的な映像を見てみますと、これがヘタクソばっかし、

ヘタほど出たがるのは「~歌ってみた」と一緒です。

だが反面教師といふこともある。ひとつそういうのを観てみようっていうわけです。

で、槍玉に挙げられたっていうか、自分でチャンネル作って宣伝してるんで、第一に引っかかったのがこれでした。




、、、まあ仕方ないですね。テンケー的、Wのヘタのひと。

具体的にはいちいち挙げませんが、自分のナンバー言う前に、「ぷりず・こぴー」っていうおじさん、いるいる。

で、問題は、ヘタなひとほどこうやって出たがるがゆえに、ヘタがヘタを呼ぶ、っていうのが、アマチュア無線に限らない、わたしの本業で言えば、ドシロウトのヘタクソなロクロ映像の隆盛、

こういった生半可な知識だけ持ったしろうとさんの跳梁跋扈が、現代の情報化社会における、各方面での問題勃発原因になっているんだと思われます。

だがわたしは「アマチュア無線のプロ」なのでそういうことは無い、

、、と、自分では思っていますが、年寄りほど運転に自信があるのといっしょ、そういうのがいちばんタチが悪いに違げえねえ。

日刊 BFニュース ページトップへ↑

2017/10/13

ロシヤンCWクラブ、7歳のお誕生日おめでとう!記念

Diploma of 7 years of R-CW-C

Diploma CW forever

まず西側、アメリカ主宰のCWOPS、これは自分から入会したいっていうんではなくて、MiniTestに毎回むやみに出てくるヘンなニッポンジンが居るってんで、なぜか推薦されてメンバーになつたわけですが、

東西冷戦に挟殺されているところでのカウンターポイズ、平衡錘としての、同じく若い倶楽部、R-CW-Cにはこのロゴ、


ロシヤンウッドペッカーにスラヴ三色旗、っていうセンスあふれるデザインに惹かれて入会したですね。

で、CWフォーエバーっていうわけですけどモールス、平文が取れないっていう、じつはぜんぜん得意でもなんでも無いので、

だが、フォーンなら爆速で耳が良い自信はあるので、「フォーン・フォーエバー」っていうモットーのクラブが無いかなあ、、、

っていうことを思つている、きょうこのごろです。

せっかくどちらもナイスデザインなアワードですが、自分は短期のコンテストじゃないと追っかけられないので参加しませんが、お誕生日、御目出度う御座います。

日刊 BFニュース ページトップへ↑

2017/10/12

航空マニヤに朗報、Red Pitayaがタービンブレードセンサーに変身!!

羽田空港発の日航機、エンジンから炎で緊急着陸。バードストライクが原因ではなくタービンブレード破損?・・・ねーばーまとめ

タービンブレードがバラバラに砕け散って火を噴き、ドシロウトの航空重大インシデントマニヤのかたがたがワイガヤ騒いでたこの事故ですが、

今頃は関係者のかたがたに於かれては、「おまえが悪い~!」、「いや、そっちが悪いんやないけえ~!!」、等の、醜い責任のなすり合い合戦が竹縄のことと思います。

そんな折、Red Pitayaニューズからこんなナイスお知らせが。

An Architecture for On-Line Measurement of the Tip Clearance and Time of Arrival of a Bladed Disk of an Aircraft Engine・・・MDPI

で、

Abstract:
Safety and performance of the turbo-engine in an aircraft is directly affected by the health of its blades. In recent years,

ですよなー、ってんで、

これ。



この論文は、出所が、University of the Basque Countryっていうところにミソがあるのだと思いますが、

タービンブレードの長さ=15cmとして、それをズラー、150枚並べ、回転数5000rpm、温度500℃として、その微妙すぎる変位を非接触・動的に見られるのか?

FPGA測定ボード使えばできるぜ、ちゅうわけですが、何でもドラえもんボードとしてのRed Pitayaが各方面で多様に活用されていることが解ります。

で、JAではアルテラユニバーシティの話題とか聞いたこと無いし、FPGA評価ボード、なんでぜんぜん注目されないかなあ?、

っていいますと、ラズパイとその下位のイチゴジャム等の有象無象、、これらが隆盛をきはめてしまったからなのか知ら。

思考を根本から変える時期だと思うのですが、電電関連についてはドシロウトのわたくしにはそのへんの事情は不明です。

日刊 BFニュース ページトップへ↑

2017/10/11

ボルネオ島でハムフェア

9th Borneo Amateur Radio Festival 2017・・・ORARI

スケジュール表がPDF書類からのJPG画像なんでインドネシア語、いまいち解らないですが、


黄昏れたよな東京ハムヘアよりも楽しそう。あのへんはコッソリ隠れてサケが飲めるところがあるのかしら?

じつはボルネオ島、1回だけ行ったことがあってそれはブルネイでのWPXコンテストなんですけど、インドネシアだけで1300万人、

つまり東京都と同じもの人口が居るんですな。それはハムフェアくらいは開催できるでせうなあ。

人口がバンバン増えて、躍進する国のひとつです。

日刊 BFニュース ページトップへ↑

2017/10/10

イギリスでアマチュア無線が絶滅危惧種宣言^^

もはやあきらめてネタになっているのは良いことですよ。

Radio Amateurs - a threatened species?・・・サウスゲーツアマチュアラジオニューズ

A workshop on The Future of Amateur Radio held at the 2017 IARU Region 1 General Conference in Landshut

で、これ、




やっぱ先のIARU Reg.1カンファレンスで、もうダメだ、って完全に理解したんでせうな。ヤケクソになつてます。

にんげん、あきらめが肝心です。

どのみちアマチュア無線なんてタダの道楽なんだから絶滅してもかまわないし誰も困らない、必死になって、ヨタだ!最新テクノロジーだ!叫んでおらずとも、各自が好きなようにヘラヘラやってりゃええのですよ旦那。

日刊 BFニュース ページトップへ↑

2017/10/09

シベリア~アラスカ・フロントの75周年アワード

Days activity club "Fifth Ocean" from 9 to 15 October 2017・・・QRZ.ru

アンタラ年に何百回、デイズアクティビティやってるんですか?、っていうことですが、


これの妙味は、

Fairbanks, Alaska located in the center, was chosen as the place of delivery of airplanes due to its better security of compared to Nome in the case of the Japanese attack that summer of 1942, it occupied part of the territory of Alaska.

ちゅうところにあるんでせうなあ。

ロシヤはアラスカ、持っておけばよかったのにですね。

こういうニュースみるたびにインターネット夢想旅行、安もん航空券を探してみるわけですがクラスノヤルクスルート、JAから直行便っていうのは無いらしく、仁川~イルクーツク経由の16時間っていうのがありました。

こんなもん行ってられないね。夢見てるだけで良いです。

日刊 BFニュース ページトップへ↑

2017/10/08

地震兵器^^ HAARPが復活!!

HAARP open for business again・・・ Radioaficion.com

ちゅうことらしいんで、いったん廃止されたのが軍から民間に渡り、一時的な実験として復活運用されるようですが、


こんなもんよくメンテするよねえ。

膨大なこのアレイのうちの一本だけでいいからメンテやれ言われても絶対に断りますねわたしなら。でも1本500万円くらい呉れればやるかも。

よく、1Wayパス、片パス言うひとが居ますがそれは伝搬は対称・可逆なのでふつうにオカルトなんですけど電離層、

地震によって電離層が何かの影響を受けることは確からしいですが、逆に、電離層を暖めてやって地震が起きるのか?、 っていうオカルトもまた興味深いところです。

リンクにある地元アラスカ新聞も覗いてみましたが、やはり良いことは書いてないようです。

日刊 BFニュース ページトップへ↑

2017/10/07

Universal Radioが体育の日にお引っ越し

リグのウラのコネクタ配置や古いリグのスペックなどを見るのにいつもお世話になっているウニバーサルラジオですが、



わたしは現用機のTS-590のこの画像をブクマしてます、

で、

Universal Radio Is Moving

Universal Radio will move its operations to a more efficient location here in
the Columbus, Ohio area where we can continue to serve our loyal customers.

ちゅうことらしいです。

元の場所からクルマで30分程度の距離っていうことなんで、日本の、こちら飛騨地方でいうと、ド田舎・旧大野郡丹生川村から高山市街地に移転っていうよな感じですか、違うか。

ローヤルカスタマー、っていうののローヤルっていう意味が微妙すぎてわからないですが、新規顧客が見込めない現状で、昔からのお馴染みお年寄り顧客のお世話のために交通至便なところに移転するのかも?

日刊 BFニュース ページトップへ↑

2017/10/06

北極圏国際無線クラブが、原子力砕氷船40周年アワード

去年のクリスマス、せっかくコンテストに出てあげたのに、その後なんの音沙汰も無い北極圏国際アマチュア無線クラブですが、

Started sending the first plaques from the club "Arctica"・・・QRZ.ru


しかし彼らは何かっていうと楯が好きだねえ。

で、調べてみると、「アルクティカ級砕氷船」っていう部門があって、それの第1号の就航40周年記念ですか。

これによって北極海航路っていうのが確立されたんですな。なるほど。


日刊 BFニュース ページトップへ↑